WEB MAGAZINE Vol.2秋の旅
ROMAN

恆春古城(ヘンチュングーチェン)遺跡がつなぐ現在と過去

1875年に街を囲む形で作られたレンガの城壁が今もなお残る恆春古城は保存状態の良く国家二級古蹟に指定されている城門古墳です。現在では街の半分を囲む形で部分的にではありますが現存していて、ルートに沿って四つの城楼を散策することができます。

南門はロータリーになっていて車が行き交い、過去と現在が混在している様子がなんとも不思議な気持ちになります。

150年以上前の城壁に登り、当時の街並みや様子を偲びながら過ごすことのできる恆春の街は、遺跡がつなぐ現在と過去を感じることのできる素敵な場所でした。
この場所で未来を語り合ったりしてみてはいかがですか。

南部

トロピカルな海が印象的な台湾南部の中心地は高雄(カオション)。
日本で言えば大阪にあたる台湾第二の都市で、港町のエネルギッシュな空気が楽しめるエリアです。一方、かつては古都として栄えた台南(タイナン)も、 ノスタルジーに満ちた古き良き街並みと美食で大人気です。